5年で1億円では不足でしょうか?
ゆったりトレードで年利135%の堅実な資産運用
1日20分、株初心者でもOK!

逆張り投資法のススメ

逆張り投資は順張りに比べてリスクが大きいといわれます。
株価が落ちていく時に株の底値を見定めて、買いを入れるわけですから、目測を誤ると含み損が大きく膨らみます。
逆張りに対し順張りはトレンドの動きに従って買いを入れるので、リスクは少ないのです。
しかし、逆張りが上手く決まれば、最安値で株を買い、大きく利食いをすることが可能です。
ですから、乖離率やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標から、逆張りのタイミングをスクリーニングするシステムトレードを研究する人は後を絶たないのです。
さて、逆張り投資法で大きく稼ぐためには、有効なトレード法を確立する必要があるのですが、そのために株の大損、失敗を繰り返すことになります。林輝太郎などは逆張りは進めていなかったと思いますが、特定の銘柄の値動きを数年はさかのぼって、変動を記録し、株の動きの癖を探っていたといいます。逆張りをする際にも、そのくらいの慎重さは必要ですね。勝率100%の必勝法はあり得ませんから、逆張り投資法においても、損切りのラインはしっかりと設定しておきましょう。ところで、ある逆張り投資法では、某証券会社のツールをスクリーニングで推奨しています。一日10分で逆張り銘柄をスクリーニングできるツールとは?

ルールが明確で
少ない資金からスタート可
5年で1億円では不足でしょうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。