5年で1億円では不足でしょうか?
ゆったりトレードで年利135%の堅実な資産運用
1日20分、株初心者でもOK!

逆張りのスクリーニング法

「成長株を買って、ずっとホールドし続ける。」
そんな投資法は、上昇相場でしか儲かりません。
そうではなくて、「安く買って、高く売る。」・・・
順張りでも逆張りでも投資法は、これを実践しなければ継続的に利益をあげることは絶対に出来ないのです。
「安く買って高く売る。」を効率よく実践する方法。
「誰もが株を売りたがっている時に買い、相場が少しでも反発したら、すぐに売り。」という逆張り投資の方法です。株式市場のチャートを見ればわかることですが、誰もが恐怖を感じる厳しい暴落の後には、確実に相場が大反発します。相場が急落しきった底値で買って、その後大反発したらすぐに売却すれば、いとも簡単に利益があげることが出来るということです。でも、感覚的に底値を知る方法には限界があります。株価の底値をスクリーニングできる方法があれば・・・・。膨大な量の検証作業の結果、確実に相場の底をとらえることが出来る、ある法則を発見したのです。急落が収まった後、大口投資家連中が少しの買いを入れるだけで・・・暴落しきって売り物が非常に少ない中での買いですから、株価は急反発するということです。事実、ジェイコム株で有名になった個人投資家のB・N・F氏は、5年程度で100万円を200億以上にしています。彼は、2001年から2003年にかけて、この手法と同じく、急落銘柄の逆張りで利益をあげてきたわけです。

ルールが明確で
少ない資金からスタート可
5年で1億円では不足でしょうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。