5年で1億円では不足でしょうか?
ゆったりトレードで年利135%の堅実な資産運用
1日20分、株初心者でもOK!

逆張りのスクリーニング法

「成長株を買って、ずっとホールドし続ける。」
そんな投資法は、上昇相場でしか儲かりません。
そうではなくて、「安く買って、高く売る。」・・・
順張りでも逆張りでも投資法は、これを実践しなければ継続的に利益をあげることは絶対に出来ないのです。
「安く買って高く売る。」を効率よく実践する方法。
「誰もが株を売りたがっている時に買い、相場が少しでも反発したら、すぐに売り。」という逆張り投資の方法です。株式市場のチャートを見ればわかることですが、誰もが恐怖を感じる厳しい暴落の後には、確実に相場が大反発します。相場が急落しきった底値で買って、その後大反発したらすぐに売却すれば、いとも簡単に利益があげることが出来るということです。でも、感覚的に底値を知る方法には限界があります。株価の底値をスクリーニングできる方法があれば・・・・。膨大な量の検証作業の結果、確実に相場の底をとらえることが出来る、ある法則を発見したのです。急落が収まった後、大口投資家連中が少しの買いを入れるだけで・・・暴落しきって売り物が非常に少ない中での買いですから、株価は急反発するということです。事実、ジェイコム株で有名になった個人投資家のB・N・F氏は、5年程度で100万円を200億以上にしています。彼は、2001年から2003年にかけて、この手法と同じく、急落銘柄の逆張りで利益をあげてきたわけです。

逆張り投資法との出会い

投資で満足のいく利益をあげることが出来ていますか?もし、あなたが一切ストレスを感じることなく、私のように株投資で月3000万以上の利益をいとも簡単に稼いでいるということであれば何の問題ないのですが・・・
もし、株で稼げてないのであれば、悪いことは言いませんから、今すぐにこのブログを一語一句見逃さないように、慎重に読み進めてください。
私も以前は、塩漬け株の含み損にひたすら耐えているだけの、ダメ投資家でした。
ただ、そんな相場観ゼロ、センスなしの私でも、逆張り投資法でマーケットに定期的に訪れるある局面を使えば、労せずして、株相場から現金をむさぼり続けることが出来るのです。株で大損した体験談です。サラリーマンとして20年働き、必死に貯めてきた3000万円を、わずか3ヶ月間の間に全て失いました。当時、日本株は2003年から続く上昇相場でウハウハの状態で・・・どんな株銘柄を買っても1週間で株価が20%以上上昇するなどという状況で、私もご他聞にもれず信用取引を使って、成長株を買いあさっていました。逆張り投資なんて考えなくてもよかった・・・。信用取引を使って限界までレバレッジをかけて成長株を購入する方法でわずか2年で200万を10億にしました。推奨されていた不動産関連株銘柄を全力で購入し、2006年1月17日までは、本当に笑いが止まらないほど儲かっていました。成長株だから、永久に儲かるわけではないんです。信用取引でレバレッジなんて掛けていると・・。たちまち追加証拠金(追証)の催促が。
「相場で大損した苦しみから逃れるためには、相場で取り戻すしか方法はない。」そう思いきるのにどれだけ時間がかかったか・・・。大損した理由は「成長株は永遠に上がり続ける。」そんな前提でもって、上昇相場でしか機能しない投資手法を使っていたからに他なりません。下落相場に通用する投資法、逆張り投資法に出会ったのは、その頃でした。

逆張り投資のススメ

短期株取引で必勝法があるのか?暴落相場の中、株式市場から多くの収入を得た、男が語る、ある逆張り投資のルールとは?過去1度も負けたことがない、あるシンプルな逆張り投資の売買ルールを使って、自宅でマウスをクリックしているだけで、一流芸能人並みのリッチな生活を送っている。ある証券会社のスクリーニング分析で底値を分析したところ、圧倒的に有利な「買い」のポイントが判明しました。その底値がわかる方法とは?逆張り投資のリスクを回避し勝率を上げるには、ある指標の組み合わせが重要です。また、損切りのテクニック、手法も合わせてお教えしますので、逆張りで大損する心配もありません。
ボリバン(ボリンジャーバンド)が逆張りの指標では有名ですね。スイングトレードの逆張りでは確かにボリンジャーバンドも信頼できますが、他のテクニカル指標と組み合わせてみると・・・。順張りのシステムトレードのほうが確かに安全な取引はできますが、大損の恐れのある逆張り投資が人気なのは銘柄の最安値で変える確率が高いからです。株のデイトレ銘柄トレードのようにパソコンにはりつかなくても、買いと売りが有利な株価でできるとしたら、この売買履歴がウソではないとわかるでしょう。

逆張り投資法のススメ

逆張り投資は順張りに比べてリスクが大きいといわれます。
株価が落ちていく時に株の底値を見定めて、買いを入れるわけですから、目測を誤ると含み損が大きく膨らみます。
逆張りに対し順張りはトレンドの動きに従って買いを入れるので、リスクは少ないのです。
しかし、逆張りが上手く決まれば、最安値で株を買い、大きく利食いをすることが可能です。
ですから、乖離率やボリンジャーバンドなどのテクニカル指標から、逆張りのタイミングをスクリーニングするシステムトレードを研究する人は後を絶たないのです。
さて、逆張り投資法で大きく稼ぐためには、有効なトレード法を確立する必要があるのですが、そのために株の大損、失敗を繰り返すことになります。林輝太郎などは逆張りは進めていなかったと思いますが、特定の銘柄の値動きを数年はさかのぼって、変動を記録し、株の動きの癖を探っていたといいます。逆張りをする際にも、そのくらいの慎重さは必要ですね。勝率100%の必勝法はあり得ませんから、逆張り投資法においても、損切りのラインはしっかりと設定しておきましょう。ところで、ある逆張り投資法では、某証券会社のツールをスクリーニングで推奨しています。一日10分で逆張り銘柄をスクリーニングできるツールとは?

ルールが明確で
少ない資金からスタート可
5年で1億円では不足でしょうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。